スタンディングバッグ 5/5 (1)

スタンディング式のサンドバッグは倒れやすい・・・。そんな固定概念を覆すまったく新しいスタンディングバッグの登場です。
・打撃の衝撃をやわらげ耐久性を高めてくれるエアーホール。
・バッグ部分に安定感をもたらすタンク。タンクに約60リットル分の砂を入れてご使用ください。ぐらつきを抑えるための仕組みはタンクの裏側にも。
※タンクには砂を入れてご使用下さい。水を入れてご使用にならないで下さい。

■サイズ:バッグ(φ35×138cm)・タンク(φ64×33cm)
■素材:合成皮革

 

メーカーページ

https://www.bodymaker.jp/shop/g/gKB010S/


スタンディングバッグ」への1件のフィードバック

  1. HIRO 投稿作成者

    所有しています。叩き心地、蹴り心地、悪くないです。質感もよく、見た目もかっこいいです。空手やボクシング、キックボクシングの練習に十分使えます。通常、いわゆるサンドバッグは天井に吊るしますが、一般家庭でそのようなことは出来ないので、このスタンディングバッグを使います。

    この商品の一番の売りは、叩いたり蹴ったりする部分に鉄の芯が入っているところです。正確に言うと、鉄の芯に叩いたり蹴ったりする部分を差し込んで固定させます。叩いたり蹴ったりしたときに程よい反動があります。

    ただ、強い前蹴りやテンカオ(飛び込んでの膝蹴り)などをすると勢いで土台が浮きます。倒れてしまうことはないと思います。

    固定場所にもよりますが、固定の土台がプラスティック製なので、強いパンチや蹴りを打っていると徐々に移動してしまいます。ずれにくいマットの上に設置すると移動してしまうのは回避できるかもしれません。しかし、その場合、動かそうと思った時に動かすのが大変になってしまいますね。

    普段は部屋の隅に置いておいて、使うとき部屋の中央あたりに持ってこれるかと言うと、置場所が滑りの良い場所であれば可能です。我が家ではジョイントマットの上に置いています。土台に指を少しだけ引っかける箇所があるので、その部分を利用すれば自力で移動させることは出来ます。しかし、非力な成人男性や力のない子供や女性には無理です。土台の中には80kgほどの砂が入ってます。

    一番苦労するのは、土台の中に砂を入れるときです。砂を入れる穴が非常に小さいので、砂をザーっと入れることが出来ません。ちびりちびりと80kg分の砂を入れなければなりません。私は漏斗(じょうご)を使って入れましたが、それでも砂が漏斗につまったり、漏斗が穴にフィットしないためこぼれてしまったりで部屋が砂だらけに・・・大苦戦しました。ちなみに、漏斗は付属していないのでホームセンターで購入しました。安いものは水を入れるための小さいものしか売っておらず、砂を入れるための漏斗がありましたが1000円もしました。これだけのために1000円、しかもちゃんと穴にはまらないので砂がこぼれまくり・・・これは大変でした。穴が大きいと土台の安定性が損なわれるからかなと思いましたが、なんとかここは改善して欲しいですね。ほんとに難点はここだけですよ。

    砂はホームセンターに売ってます。1袋(18kg)200円足らずです。5袋くらい買えば80kgくらいになりますね。

    総合的に良い商品です。値は少し張りますが、本格的に空手やボクシング、キックボクシングをやっていらっしゃる方にはオススメです。給料を節約したりバイトして買いましょう。それだけの価値はあります。ただ、砂を入れるときの苦労だけ覚悟を・・・(笑)

    返信

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)